【感想、評価】DEMON'S TILT 全実績を解除しての感想、評価

DEMON'S TILT の全実績を解除したので、感想や評価をまとめます。

あの魔改造系ピンボールゲームがここに華麗に復活!巨大モンスター、新たな魔ども、さらなる秘密、そして弾幕厚め!シューティング&ハクスラ要素が組み込まれた「Demon's Tilt」が、ビデオピンボールゲームのジャンルの限界を押し上げる!

… Microsoft Store より抜粋


DEMON'S TILTは、WIZNWARの開発、FLARB LLCの販売により、2019年12月6日に発売されました。
ファイルサイズは 2.9GB 程です。


ハクスラ系ピンボールとは?

このゲームに関して言うと、儀式 (通常のピンボールで言う『フィーチャー (役)』) を進めたりボスを倒したりすることで、プレイヤーのスコア倍率が成長していきます。

また、儀式やボスはクリアする度に強化され、更に凶悪なものとなっていきます。そのためゲームを続ければ続ける程、難易度とスコアがどんどんインフレしていくシステムです。

これはハクスラ本来の意味に合致していますね。

またサラっと書きましたが、このピンボール、ボス的なターゲットがあり、弾幕シューティングばりに弾を撃ってきます。ボールが当たると思わぬ方向に跳ね返り、ロストする危険がありますが、高得点を狙うチャンスでもあったりします。

リアルじゃないピンボールならではの、ユニークなシステムですね。

demonstilt_05.png
(左の方の) 黄色い弾に手玉をヒットさせると、画面上の弾幕は全て得点となるコインに変換されます。


良かった点

・謎の中毒性

世界観、雰囲気、グラフィック、エフェクト、演出、音楽、効果音… 単体で見ればどれも大したものでは無いのですが、実際プレイするとこれらが謎のシナジーを生みだします。

ハクスラ要素もあわさって、スコア倍率が高まるにつれ緊張感が増し、そして画面に表示されるインフレした数値に興奮も高まり、次第に気持ちよくなっていきます。

自分でも何を言っているのか分からないですが、そんな謎の中毒性を含んでいます。

電子ドラッグと言う表現を見かけましたが、なるほどその通りかもしれません。


悪かった点

・スーファミレベルのグラフィック
・仕様の説明が無い

これは好みの問題かもしれませんが、グラフィックはもう少し何とか出来なかったのかと思います。古き良き時代の再現なのかもしれませんが、さすがに今の時代にはショボく感じます。

またギミック満載のわりに、公式からの仕様に関する説明が一切有りません。海外公式にはあるのかもしれないですが、軽く探しても見つかりませんでした。

ゲーム内に『クイックガイド』なるものはあるのですが、読んだところで何の参考にもならない酷いものです。Steam のコミュニティサイトの解説レベルのものは、公式で用意するべきだと思います。


実績の難易度について

やや簡単な方ではないでしょうか。

10億点獲得の実績で、私はだいぶ手こずりましたが、上手な方はサラっと達成できると思います。後はボスを50回倒す作業が残りますが、時間的にはそこまでかからないです。


最後に

このゲームは、率直に言ってオススメしません。

グラフィックはショボいし、難しいし、イライラするしで、気楽に出来るゲームではありません。

全実績を解除したので、速攻アンインストールして、もう二度とピンボールゲームには手を出さないと誓いました。

…それなのに、今でも毎日1ゲームはプレイしています。気がつけば3時間くらい経ってることもあります。

どっぷり浸かると抜けられない、謎の魔力を孕んだ悪魔的ゲームです。

demonstilt_06.png
興奮度MAXのWIZARD MODE



以上です。

この記事へのコメント